ちっこいバイクでキャンプに行く!

HONDAのgorillaとYAMAHAのTDR125でキャンプに行くブログ

ツーリング先でラーメンなんていかが?その③(不定期)

こんにちわー。

ac104です(*'▽')

 

今回のお話は、バイクに乗って、行った先々で食べるラーメンって最高ですよね!ってお話の続きです。ラーツー的なものではなく、お店で食べるラーメンです(*'▽')

 

その①はコチラ↓↓↓

 

ac104.hatenablog.com

 

その②がコチラ↓↓↓

 

ac104.hatenablog.com

 

 

 

早速、参ります。

本日はコチラ。

 

どうとんぼり神座

 

f:id:ac104:20200324231458j:plain

↑出張の時、関空で食べた時の一枚。

 

まずもって、えー、

自分、北海道民ちゃうんかい!

 

ってゆー、関西方面からの突っ込みがあるやも知れませんが。

 

 

関西に住んでいた時に、アホのように食べていた、思い出の味なのです。

 

 

 

大学卒業と同時に札幌を離れた私は、

 

ああ、もう札幌でラーメンは食べられない。

せつなかー(*'▽')

 

仕事帰りにセブンイレブンすみれのカップラーメンを買って帰り、遥か北の地に思いを馳せつつ、家で寂しくすすっておりました。

 

『飛行機乗って、食いに帰ろうかな?』

 

(*'▽')逆に奈良まで出前取りたい!

 

それくらいに、地元の大好きなラーメンを食いたい!って思いながら、日々、過ごしておりました。

 

 

 

そんなある日。

 

折角、縁あって関西の地にいるのだから、こちらの美味しいラーメン屋さんを探してみよう!

と、思い至ります。

 

(*'▽')辛い時、悲しい時こそ前向きにー。切り替え大事。

 

早速、仕事仲間に聞き込みをしました。

 

(*'▽')なぁなぁ、自分、好きなラーメン屋ってどこなん?おしえてーな。

 

数人に聞いて、天スタ!とか天一とか、いろいろ聞く中で、

 

かむくら! 

 

という名を耳にします。

 

(*'▽')え?かまくら? ガキの頃ようけ作ったでー。え?ちゃうの?

 

聞けば、こちらじゃ割と有名なチェーン展開しているお店。

アッサリ系が好きだったら、ハマると思うでー。

 

とのこと。

 

私の本当の好みを言いますと、豚骨の、コテコテのギトギトが好きなのですが、なぜか、このかむくらって響きに惹かれましてね。

 

よっしゃ!いっちょ、行ったるか!

ということで、

 

いざ、かむくら!

(*'▽')それ鎌倉やし、これ言いたいだけやん!

 

 

国道24号線沿いにあります、神座 柏木店に行きました。

何か屋敷みたいな外観で、中はラーメン屋って雰囲気があんまりしない、綺麗で明るい店内。

 

こぎれいな店員のオネーさんが注文を受けてくれます。

(*'▽')あれ?なんかオレの想像するラーメン屋さんの雰囲気じゃない…

 

メニューには、

 

おいしいラーメン。

 

と書かれていました。

 

(*'▽')おいおい、スゲー自信だな。

 

 

 

 

 

話が少しソレますが、注文の時って、なんか照れる名前の商品ってありません?

 

 

 

 

 

 

例えば、

 

ふんわり卵のオムライスシチュー とか

ぷるるんキューブコーヒーゼリー とか

たっぷりバナナのチョコレートパフェ とか

 

 

もっと極端に例えるなら、

 

森の妖精の贈り物 ゴルゴンゾーラとキノコのパスタ

 

とか、

 

人魚の涙のフランボワーズムース

 

みたいなヤツ…。

 

大人の男、いや、大人の漢になんちゅうこと言わせてくれんねん!

みたいなヤツ…。

 

意を決して、呪文のように『森の妖精の贈り物 ゴルゴンゾーラとキノコのパスタ』って注文すると、店員さんが、『キノコのパスタがおひとつですね?』って聞き返してくる、アレ!

 

何たる仕打ち!

 

(*'▽')無駄な時間返せー!

 

 

 

もう、メニューを指さし、コレ。

って言うしかねーだろ。恥ずかしい…。

 

(*'▽')そうじゃなきゃ、注文用の略称を書いてくれ(笑)

 

 

 

 

 

話を神座に戻そう。

 

店員を呼んだ私は、

 

おいしいラーメン…。

 

とは、言えません(笑)

 

おいしいってなんだよ…。

 

(*'▽')こっぱずかしい。なめんなよ。

 

だって、どうでしょう?想像してみて欲しい。

 

考えすぎかもしれないが、まだ、当時20代であったとはいえ、仕事帰りの深夜に、くたびれた顔のくたびれたサラリーマンが、ラーメン屋を訪れ、カウンターに腰掛け、しげしげとメニューを眺め、おもむろに店員を呼び、

 

『お、おいしい、ラーメンを、一つ』

 

 

まるで、病んでいるのかと?

 

(*'▽')なんかシュールな光景じゃありませんか?

 

今、私がラーメン屋に行き、カウンターの隣に腰掛けたヤツが、そんな注文したら、心配になるよ。何なら悩み聞くよ。何ならラーメンご馳走するよ(笑) どんだけおいしいラーメンに飢えているんだよ(笑)

 

 

私は、

 

『ラーメンを、一つ』

 

出せうる限りのシブい声で、オーダー。

 

(*'▽')大人の漢! 

 

こぎれいな店員のオネーさんは、

 

満面の笑顔で、

 

『おいしいラーメンがおひとつですね?』

 

復唱もしっかりと、おいしいラーメンでした。

 

(*'▽')いや、もうなんでもいいから、ラーメンを食わせて…。

 

 

何やら、店内の案内と、店員のオネーさんの説明によれば、

一杯食べても、おいしいラーメン。

二杯目食べても、おいしいラーメン。

三杯たべると、もう、もの凄くおいしいラーメン。

的な、説明がありました。

 

(*'▽')微妙に違ったらすみません。

 

ラーメンを持って、舞い戻った、

こぎれいな店員のオネーさんは、

満面の笑顔で、

『おいしいラーメンでございます!』

 

と、持ってきてくれました。

 

f:id:ac104:20200324231607j:plain

↑こちらは、神戸ハーバーランドumie店での一枚。

生まれて初めて、フードコートで一人飯しました(笑)この一杯の為に(*'▽')

 

 

食べた感想は、確かに美味い。

野菜の甘味が溶け出したようなスープ。

それに絡む麺。

トッピングの半熟煮卵も絶品。

優しい味わいの中にシッカリとした旨味を感じる一杯です。

 

私は初めて出会う味でした。

 

 

 

ま、普通に美味いよ。

3回通って、3杯目を食べたらどんだけ美味くなるか、試してみるよ。

 

それから、一週間のウチに、3回通います(笑)

 

 

2回目の時に、既に確信がありました。

次いつ来ようかな?って考えている自分がいました。

3回目は絶対にもっと美味しいに違いない。

 

 

 

来店、3回目。

 

仕事帰りに疲れた顔で、疲れたサラリーマンの私は、カウンターに腰掛けるやいなや、メニューを見ることも無く、営業で培われた、店員に勝るとも劣らない、笑顔で、

 

 

『おいしいラーメンをひとつ!』

 

 

と、注文していました(笑)

 

(*'▽')半熟煮卵、揚げ餅トッピングでー

 

 

 

3杯目以降、まるでアホみたいに、

うめー、うめー。と通うのでした(笑)

 

(*'▽')腹減ったなー、ラーメン食いに行くか?

 

 

休日は勿論、ツーリングの合間に立ち寄っていました!

冷えた体に優しいスープが沁みていくようです(*'▽')

 

 

 

関西を離れる際は、食い納め!と称し、最後の一杯を堪能しました。

 

(*'▽')もう食えないの辛すぎるー

 

 

 

北海道に戻ってからも、ちょくちょく懐かしく思い出すときもあり。

私にとっては思い出の味となっています。

 

出張で関西方面へ行くときは、半ば無理くりにルートを選定し、行き帰りで食べていました。

なんなら、関東にもあると知った私は、東京出張の際も敢えて、早めの東京入りをし、昼飯は神座のラーメンを食べ、仕事に向かっていました(笑)

 

f:id:ac104:20200324232244j:plain

 ↑神座飲茶樓 グランルーフ店にて。

 

空港に降り立ち、新幹線の時間までのギリギリの時間でも、乗り換え案内を駆使して、可能な限り神座のラーメンを食う、スケジューリングをする阿呆です(笑)

 

 

今年は食べに行けるかなぁ。

 

バイクに乗って行きたいなぁ。

 

 

今日はこの辺にしておきます。

神座のこと一つ、書いていて、3000文字を越えた(笑)

 

次は、私の一番好きなラーメンを書こうと思うのですが、一体どれだけの記事になるやら…。(*'▽')

 

 

駄文、長文、失礼。

ここまで読んで頂きまして、ありがとうございます。

 

したっけ。