ちっこいバイクでキャンプに行く!

HONDAのgorillaとYAMAHAのTDR125でキャンプに行くブログ

私のキャンプ道具達④~テント編~

こんにちわー。

ac104です(*'▽')

 

今回のお話は、①火器編、②調理道具編、③寝具編、と書いて参りまして、次は、キャンプと言ったらテント泊でしょ!ってことで、私のキャンプツーリングの相棒、テントたちの紹介をしていきたいなーと思います。

 

①~③までと同様に、安物達ですが、私にとっては大事な旅の相棒達です(*'▽')

 

過度な期待はせずに、気楽に、
温かい目で見てやってください。

(*'▽')宜しくお願いしまーす。

 

まずは、集合写真です。

(*'▽')みんなー写真撮るよー出ておいでー。

 

f:id:ac104:20200326143056j:plain

↑奥から手前へ、サウスフィールドのヘキサタープ。ホームセンターで買った、謎のワンタッチテント。ノースイーグルのミニドーム200。謎の激安テント。右は謎のペンタタープとサブポール。

 

謎の物体の多いこと(笑)

 

 

初めてソロキャンに出撃するぜ!と、なる以前は、

テントは

小川キャンパルだの

スノーピークだの、

モンベルだの、

MSRだの、

ニーモだ、アライテントだ、ヒルバーグだ、ケシュアだー(*'▽')

 

 

などと、のたまっていた私…。

 

 

知識だけはベテランキャンパーを気取っていても、

ソロの実戦経験ゼロ。

 

 

(*'▽')例えるならそれは、自称、恋愛の達人的な…童貞?(笑)

 

あー、恥ずかしい。

 

 

謎の激安テントとの出会いはコチラ↓↓↓

 

ac104.hatenablog.com

 

 

道具なんて安物でも何でもいいから、いっぺん行ってこい!

ってゆー、嫁サマの優しい(?)一言から、私のソロキャンプツーリングは始まったのですが、初キャンプはなかなかな洗礼を受けましたね(笑)

 

バチバチに雨に降られて、シングルウォールのテントで、マットも無しに、寝袋一つで寝ていたら、そりゃー浸水して寝袋も濡れますよ(笑)

 

f:id:ac104:20200207124820j:plain

 

(*'▽')今ではネタ。当時も楽しかったですがねー

 

f:id:ac104:20200207223815j:plain

 

前室も無いから、朝ごはんも一苦労。

 

 

ま、このなぞ謎の激安テントは今でも現役です。

軽くて、コンパクトなので、よほどの悪天候でなければ使えます。

 

キャンプ地到着から、まったりとご飯食べるのはタープの下で、寝るときに蚊帳の代わりってくらいの心づもりでいれば、使える子です。

 

防水性、遮光性、なんて、

求めてはいけません。

 

ちっこいタープと組み合わせれば、雨も日光も幾分マシでしょう。

 

幅120cmの縦200なので、一人で斜めに寝ればそれなりに快適です。

テントの寸法で、寝る方向の長さって、身長より長ければ十分って訳じゃなく、ドームテントなのでサイドウォールが斜めになっていて、頭とか足が幕体に触れてしまうんですよね…。

 

なんにせよ、元値が安いので、遠慮なく、

ガンガン使えます。

 

すぐ壊れるかと思いきや、もうかれこれ4年?5年?くらい使ってます。

使い込むと、愛着が湧き、今の方が大事に使っている気がします(笑)

 

 

この子の次に買ったのが、

f:id:ac104:20190612101400j:plain

↑ノースイーグル ミニドームとゴリラ。

 200cm×200cmのサイズのミニドームテントです。

子供とデュオキャンするために購入しました。

流石に二人で使うためだけに、ツールームテントとか張りたくない。

子供と遊ぶ時間を少しでも増やしたい。

そんな思いで購入したのですが、

 

コレ、ソロでも使えるんじゃね?

 

(*'▽')しかも、広々と。

 

そんな思い付で、ソロキャンにも使い始めました。

 

 

軽いは正義!

って言っていた私ですが、

 

 

デカくても、重くても、

広いは正義!

と、手のひらを返したように使い込んだテントです。

 

f:id:ac104:20200212195425j:plain

↑朝、こんな感じでグダグダしてるのも、好きです(*'▽')

 

前室が無くても、なんてったって、中が広いのです。

メット、ジャケット、ブーツを隅に放り込み、マットの上に寝袋広げてその上にゴロゴロしながらコーヒーを沸かして、ぼーっとしている時間が最高です。

 

タープを連結して張れば、快適にキャンプができます。

f:id:ac104:20190727121527j:plain

↑息子とキャンプに行った時の一枚。

 

 その様子はコチラ↓↓↓

ac104.hatenablog.com

 

雨が降っても、安心のダブルウォール。

(*'▽')普通だよ?

 

難点は、

f:id:ac104:20200212210128j:plain

 

ゴリラだと、

ちょっと、嵩張るかな?

 

f:id:ac104:20200326202403j:plain

↑真ん中の三段に積み重ねたのが、下からワンタッチテント、ミニドーム、激安テント。

 

バイクの積載はあまり重心を高くしたくないんですよね。

ゴリラは8インチノーマルサイズなので、安定も悪いですし。

 

悩ましい…(*'▽')

 

 

3つ目に紹介するテントは、

 

f:id:ac104:20200326203157j:plain

TDRとワンタッチテント。

 

3回目の職務質問をされた翌朝の一枚です(笑)

 

職務質問の様子はコチラ↓↓↓ 

ac104.hatenablog.com

 

この子の凄いところは、

設営が一瞬!

 

というのが最大のポイントです。秒で設営できます。

キャンプ地到着が遅れ、夜の設営になっても、一瞬で完成!

 

ツーリングで軽く疲れ、ご飯作るまで、少しゆっくりしたいなーって時も、

 

一瞬で安息の地を手に入れられます。

 

(*'▽')まるでホイポイカプセルみたいだよ。

 

しかも、

ダブルウォール。

メッシュインナー。

 

f:id:ac104:20200326205904j:plain

↑中で、ゴロゴロするの図。

 

サイズは縦150cmの横230cm。

ゆったりできて、斜めに寝なくても大丈夫!

横になっても足元、頭上に余裕があります。

 

前室もあります!

 

その辺の木を拾ってきて、鉈でイイ感じにぶった切って、ポールの代わりにすれば、ちょっとしたタープの代わりにもなります(*'▽')

 

 

めっちゃ優秀です。

 

 

f:id:ac104:20200326210733j:plain

↑三方向のメッシュで通気性も良好!

 

不思議なのは、入り口にメッシュが無いこと。

 

(*'▽')なんでだろ?

 

f:id:ac104:20200316180839j:plain

↑激安テントも入り口はメッシュとテント生地の2枚なんですがね。

 

入り口側を海側とか、見たいロケーションに設営すると、開けた途端に虫が…。

 

f:id:ac104:20200320005516j:plain

↑テント内で朝食を…。

 

まあ、吸血系の虫が入ってこなきゃ、別に気にしないんですけどね(*'▽')

 

不思議な作りをしています。

 

 

あとは、やっぱり、

 

 

デカくて重い。

 

ってのが、ちっこいバイクとしてはデメリットかな。

 

f:id:ac104:20200130112544j:plain

↑TDR125で出撃するときは、全然気になりませんがね。

 

 

 

 

そんなこんなな、私のテント達でした。

 

今年の初張りは、どの子で行こうかな(*'▽')

つーか、

 

どれもこれも、

ツーリングテントでは無い。

 

(*'▽')コンパクトじゃねー 

 

まあ、ゴリラ自体が

長距離キャンプツーリング向き

では無いのですがね…(笑)

 

 

何を重視したキャンプツーリングにするかで、道具達を選ぶのも楽しいです(*'▽')

テントをデカくして、調理を簡素化するパターンとか。

テントをちっこいのにして、調理道具を充実させるとか。

どっちも削って、走りを楽しむとか。

 

ソロキャンプ道具の足し算、引き算って感じで、準備、妄想を楽しんでいます。

 

 

次は、野遊び小物達の紹介を書こうと思います。

キャンプに野営の雰囲気をプラスしてくれる道具達ですね(*'▽')

 

 

ここまで読んで頂きまして、ありがとうございます。

 

したっけ。